新しいブログが出来ました!
お久しぶりです。

いきなり更新が止まってしまい申し訳ありませんでした。

こんなブログですがアクセスしてくている人がまだいるようでありがたいです。


現在webクリエイターをしています。
そこで役に立った情報と、アフィリエイトを皆様と共有できればと思い新しいブログを作りました。

更新はこちらで行っていきますのでよろしくお願いします。

シンプルアフィリエイト
それではナガトでした。  2010/8/22
メインメニュー

 

 1.ブログ制作講座
 2.アフィリエイト講座
 3.アクセスアップ
 4.オススメサイト
 5.オススメ商材
 6.オススメ書籍
 7.お得情報
 8.幸せになる思考
 9.FXメモ
 10.日記

 ・脅威のアクセスアップ!コメント周り、ランキング登録不要アクセスアップツール
 ・情報満載!ブログアフィリエイト初心者向けサイト
 ・パワーブロガー養成講座!アメブロを攻略し月収90万をゲットせよ! 

 
ピックアップサイト!

見るだけでアクセスアップ!なぜか売れるブログアフィリエイト方法
見るだけでアクセスアップ!なぜか売れるブログアフィリエイト方法

 「なぜか売れる?本当は売れる秘密があるんだろ」
 と思った人にぜひ見ていただきたいです^^

レバレッジ・アフィリエイトで食べている人の手法を公開するブログ.jpg
レバレッジ・アフィリエイトで食べている人の手法を公開するBlog

 てこの原理を利用した脅威のアクセスアップ!
 その手法を余すことなく公開中。

好きな仕事、働いた分だけ収入に!

最近の記事

幸せになる思考:カテゴリの記事一覧です。

2009年07月09日

進むインターネット社会

米国で2〜11歳の子供がインターネットを使用する割合が増えているらしい。

1番何にでも興味を示す年頃の時にインターネットに慣れて、
さらにブログなんかもちゃちゃっと作れるような子もいるんでしょうね^^;

ネット社会が進んでいるっていうのもあるかもしれませんが、
たいてい小さい頃って言うのは親の目がありますよね。


子供が自分の知らないことをしていると注意されてしまいます。


子供は親から言われると、疑問に感じながらも、

「これはいけないことなんだな」

と、まるで親が1番正しいことを言っているように錯覚します。


僕は全てが全て正しいとは言えないと思います。


小さい頃そうやってしつけられてきた人は大人になったとき、

「得体の知れないもの」

に興味を示さなくなる人が多いそうです。


例えばアフィリエイトだってそうです。

「ネットで稼ぐ?うさんくせぇ」

って。


未だに、「情報商材なんて全部嘘で作ったやつだけ稼いでる」なんて言ってる人もいます^^;


まずは枠を取っ払うことが大切です。

「出来ない」と決めつけないことが大切です。


自分が歳をとったとき、

何かに挑戦して失敗した人、何にも挑戦せず失敗した人、

どちらになっているほうが後悔が少ないでしょうか。


答えは簡単に出てくるでしょう。

そしてその答えが「今やる理由」につながると思います。



ランキング参加中です^^
記事が面白かった、役に立ったという方は応援お願いします。



posted at 14:55
Comment(1)
カテゴリー:幸せになる思考
エントリー:進むインターネット社会
2009年06月10日

伸び悩んでいる方

アフィリエイトはなかなか結果が出ないものです。

「なんでできないんだろう」

と考えてしまいがちですが、その答えは頭の中にはありません。
答えがないから、できていないんです。
こういう考え方は無駄に思考を巡らせて疲れてしまいます。


自分の成長が一番著しかった頃はいつですか?
幼い頃ではないでしょうか。

幼い頃は何もかも真新しく感じ、何にでも興味が沸きました。
知らないということが成長を加速させていたと思います。

逆に今、なぜ伸び悩んでいるのか。

知りすぎているからです。

一見新しい情報でも、自分の今持っている知識と照らし合わせてしまいます。
そして勝手に「これはこうだからこうなる」と判断してしまうのです。
そのため、新しいものは入ってきません。
考えることをやめてしまいます。

誰だって自分がやっていることが否定されるのは嫌なことだと思います。
でも「なんで?なんで?」と言う前にやってみるべきだと思います。


アフィリエイトで成功したいのなら、アフィリエイト商材を使って成功しているブロガーさんに質問してみてください。
そして、信用できそうならその商材を実践してみたらいいと思います。
自分の持っている知識だけではなんともならない場合もあります。
それこそ自分の知識だけで「なんでできないんだろう」と答えのない思考を巡らせてしまいます。

アクセスアップをしたいのなら、アクセスの多いブログを研究してみてください。
このブログはアクセスアップについて多く書かれています。
この通り実践するだけで効果はあるでしょう。

パワーブロガー養成講座!アメブロを攻略し月収90万をゲットせよ!


僕は「なんでできないんだろう」ではなく「どうやったらできるのか」と考えるようにしています。
僕の「どうやったらできるのか」の1番簡単な答えは「できている人の真似をすること」です。

自分の知識と比べずに、なんでもできている人の真似をします。

「成功の道しるべ」を成功している人のやり方に合わせているので、途中でぶれることもありません。
自分で考えるのは、成功するためのレシピを完成させてからでいいでしょう。

自分の「これから成功するかもしれないやり方」は置いておいて、近道が用意されているときは近道を利用しましょう^^

関連記事→「成功の9ステップ」


ランキング参加中です^^
記事が面白かった、役に立ったという方は応援お願いします。




posted at 22:14
Comment(0)
カテゴリー:幸せになる思考
エントリー:伸び悩んでいる方
2009年06月02日

モチベーションを維持する

こんばんは^^

昨日5つ記事を更新して満足してたんですが、
僕が見てるこの2つのブログはもっとたくさん更新してました!
圧巻です。
質と量、両方こなしているブログですね。
少しずつですが過去にさかのぼって読ませていただいてます。

・アフィリエイトで毎月10万稼ぎ続ける7つのコツ
・パワーブロガー養成講座!アメブロを攻略し月収90万をゲットせよ!



昨日この記事→お金持ちになるために
で最初が肝心!やり始めが勝負所!と書きましたが、
「なんかやる気が起こらない」
「モチベーションが下がってきた」
というこは何かをこなしている途中でも頻繁に起こります。

「ブログ自体は作ったがA8に登録するのがめんどくさい」
「載せたい広告の審査が通らないから、やる気がなくなった」

でもそんなことは誰だって考えるんです。自然なことです。
なぜなら、感情は放っておけば消えてしまうからです。

どんなに感動する映画やドラマをみて「自分もこういう風に生きていこう」と思っても、1ヶ月もすればそれ自体忘れてしまっています。
すごいすごい憧れの人がいて、やっと付き合えてもそれで満足してしまうとその後が続きません。

「あるときは感動していたが、今は感動してはいない」
「昔はすごく好きだったが、今はそうでもない」
「初めはやる気だったが、今はめんどくさい」

感情は受身ですね。
何かを感じているようで、実は感動だって、好きという気持ちだって、やる気だって何かの影響があったはずです。
「感じた」のではなく「感じさせられた」のです。

ではどうすれば受身の感情を消えることなく維持するのでしょうか。
答えは簡単です。


「ありがとう」という気持ちも誰かの好意によって感じさせられたものです。
これも放っておけば消えてしまいます。
いくら心の中でありがとう、ありがとうと思っていても消えてしまいます。
「ありがとう」と感じさせられたなら、「ありがとう」と誰かに感じさせてください。

受け身だった感情を、行動にシフトすることでその感情は自分のものになります。


やる気が続かないのなら、誰かを誘ってみてはどうでしょう?
そして、教えてもらったことをその人にも教えてあげてください。
そしてその人がやる気になるとあなたは嬉しいですね。

映画で感動させられたのなら、同じように誰かを感動させましょう。
誰かを好きになったのなら、誰かに好かれるようになりましょう。

やる気を触発されたのなら、誰かのやる気を触発させてみてください。
そうすることであなたのやる気は維持されます。

「でも誰かを誘うと言ったって難しい」

と思った方もいるかもしれませんが、自分ががどうやってやる気を触発されましたか?
それがブログやHPでしたら、同じ方法で誰かをやる気にさせることができますね^^

これも「与える」ことの重要な役割のひとつです。


ランキング参加中です^^
記事が面白かった、役に立ったという方は応援お願いします。



posted at 22:27
Comment(0)
カテゴリー:幸せになる思考
エントリー:モチベーションを維持する

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。